1 設置
1.1  適切なインストール方法を選択
1.2  ZENTAO Cloud
1.3  Windows用ワンクリックインストール
1.4  Linuxのワンクリックインストール
1.5  Lamppを使用したインストール
1.6  macOSのソースコードのインストール
1.7  macOS用のXAMPP-VMのインストール
1.8  macOSのXAMPPインストール
1.9  ソースコードのインストール(対象は全てのシステム)
1.10  Softaculousのサービス
1.11  Ioncubeのインストール
2 ユーザーとグループ
2.1  会社の構造
2.2  ユーザーの追加
2.3  ユーザーのバッチ管理
2.4  グループと権限
3 迅速にスタート
3.1  プロジェクトとタスクの管理
3.2  バグ追跡
3.3  製品管理
3.4  To-Do管理
4 特徴
4.1  ガントチャート
4.2  エフォート
4.3  リポジトリとコードレビュー
4.4  カレンダー
4.5  MS Excelファイルのインポート/エクスポート
4.6  MS Wordファイルのエクスポート
4.7  LDAP認証
4.8  概略報告
4.9  レポートのエクスポート
4.10  クリスタルレポート
4.11  フィードバック管理
4.12  文書管理
5 基本的なアプリケーション
5.1  基本的なワークフロー
5.2  アジャイルとスクラム
5.3  ZENTAOとスクラム
5.4  ルーキー用ZENTAOチュートリアル
5.5  プロダクトの作成
5.6  ストーリーの作成
5.7  プロジェクトの作成
5.8  ストーリーの確認
5.9  ストーリーをタスクに分解
5.10  バグの報告
5.11  連絡先の管理
5.12  カスタマイズ
5.13  Excel、CSVファイルのインポート
5.14  文書管理
5.15  動作モード
5.16  ポイント
5.17  必須フィールド
5.18  ZENTAOでアクセス設定を確認する方法
6 高度なアプリケーション
6.1 ワークフロー
6.1.1  ZENTAOワークフロー
6.2 個別管理
6.2.1  私のTodo
6.2.2  自分が処理するタスク、ストーリー、バグ
6.2.3  私のプロファイル
6.3 プロダクトオーナー向け
6.3.1  製品を管理する
6.3.2  製品ラインを管理する
6.3.3  要件を作成して確認する
6.3.4  要件の変更とレビュー
6.3.5  ステータスとフェーズ
6.3.6  要件ライティング
6.3.7  製品モジュール
6.3.8  リリース計画
6.3.9  リリースを作成する
6.3.10  ロードマップ
6.3.11  資料
6.3.12  企画会議
6.3.13  毎日のスクラム、レビュー、レトロスペクティブなミーティング
6.3.14  要件レポート
6.4 プロジェクトマネージャー向け
6.4.1  プロジェクトの作成
6.4.2  チームの設立
6.4.3  要件の確認
6.4.4  要件の内訳
6.4.5  毎日のスタンドアップミーティング
6.4.6  バーンダウンチャートを使用してプロジェクトの進捗状況をチェックする
6.4.7  リストを使用してプロジェクトの進行状況をチェックする
6.4.8  レビューとレトロスペクティブなミーティング
6.4.9  タスクに関する基本的なレポート
6.5 開発チーム向け
6.5.1  プロジェクトプライプランミーティングとタスクの分解
6.5.2  タスクの要求と更新
6.5.3  看板とツリー図
6.5.4  ビルド
6.5.5  テスト依頼
6.5.6  バグの解決
6.5.7  ドキュメント
6.5.8  バグ確認
6.6 QAチームの場合
6.6.1  欠陥管理
6.6.2  バグ報告
6.6.3  バグの確認とクローズ
6.6.4  バグの有効化
6.6.5  バグを見つける
6.6.6  テストケース
6.6.7  テストケース作成と確認
6.6.8  テストスイート、パブリックケースライブラリ、およびレポート
6.6.9  テストリクエストの管理
6.6.10  サポートリクエストの実行とバグの報告
6.6.11  レポート
7 設定
7.1 ZENTAOの管理
7.1.1  スクリプトの初期化
7.1.2  データバックアップ
7.1.3  削除された内容の回復
7.1.4  バーンダウンチャートの更新
7.2 ZENTAOの展開
7.2.1  ゲストログイン
7.2.2  電子メールの通知
7.2.3  スーパー管理者の設定
7.2.4  スタティックアクセス
7.2.5  URLから「zentao」を削除する
7.2.6  Webhookを統合する
7.2.7  サードパーティアプリケーションの統合
8 その他
8.1  サードパーティコードについて

Excel、CSVファイルのインポート

2018-04-08 09:16:04
Renee
2161
最後の編集:meilin を選択します 2020-05-11 09:45:14

1. Excelのインポート


ExcelファイルのインポートはZENTAO Proの機能の1つです。 リリース、Task、Bug、Caseをインポートし、追加/編集することができます。ZENTAOでExcelファイルをエクスポートでき、.xlsと.xlsxから選択できます。ZENTAOでファイルをエクスポートするには、次の2つの方法があります。


「QA」 ->「ケース」 ->「エクスポート」 と選択し、 「テンプレートのエクスポート」 を選択します。データを入力し、エクスポートしたテンプレートに保存します。

「QA」 ->「ケース」 ->「エクスポート」 と選択し、 「データのエクスポート」 を選択します。ZENTAOからエクスポートしたファイルにデータを編集/追加して保存します。


ExcelとCSVの区別

  - CSVより Excel の方がスタイルがあるので外観が良い。

 -Excelには、「モジュール」、「優先度」などのフィールドのドロップダウンメニューがあり、ユーザーにとってデータを入力するに便利です。


注意


 - 必須フィールドは記入しなければいけないです。 または無視されます。

   デフォルトで要件の必須フィールド:名前、モジュール

   デフォルトでタスクの必須フィールド:タイプ、名前

   デフォルトでバグの必須フィールド:ビルド、タイトル、モジュール

   デフォルトでケースの必須フィールド:タイプ、タイトル


 - ケースステップの入力規則

   
ステップと期待値を入力するときは、ステップごとに区切ります。


例えば、

1. ステップ一のQA検査       1. 期待値

    2. ステップニのQA検査    2 .

    3. ステップ三のQA検査    3. 期待値

 

ステップがなければ、期待はない。1つのステップに予想がない場合は、空白のままにします。このようにして、ZENTAOはステップとそれに対応する期待を得ることができる。

-データ形式: y-m - d、例:2014-03-01、セル形式は「テキスト」です。

 - 編集用にインポートできるデータ

 

 要件:名前、モジュール、計画、ソース、優先度、見積もり、タグ、説明、受け入れ
  タスク:名前、モジュール、計画、ソース、優先度、タイプ:見積もり、開始、期限、説明
  バグ:タイトル、モジュール、プロジェクト、要件、優先度、タグ、ビルド、レトロステップ、タイプ/重大度、システム/ブラウザー
  案例:タイトル、モジュール、要件、優先度、タイプ、ステータス、頻度、ステージ、前提条件、ステップ、期待


テンプレートが使用されている場合は、すべてのレコードが追加されます。そうでない場合は、


  • 記録にIDがある場合、記録について編集 されます
  • 記録にIDがない場合、記録を新しいものとして追加されます。


2. CSVのインポート

CSVのインポートは、ZENTAO Open Source一つの機能です。 現在は、ケースをインポートして追加/編集しています ZENTAOでExcelファイルをエクスポートでき、.xls及び.xlsxから選択できます。 ZENTAOでファイルをエクスポートするには、次の2つの方法があります。


- 「QA」 ->「ケース」 ->「エクスポート」 と選択し、 「テンプレートのエクスポート」 を選択します。データを入力し、エクスポートしたテンプレートに保存します。

- 「QA」 ->「ケース」 ->「エクスポート」 と選択し、 「データのエクスポート」 を選択します。ZENTAOからエクスポートしたファイルにデータを編集/追加して保存します。


  注意

必須フィールドの入力規則。 


#IDは、ZENTAOで書き込まれたモジュールやリンクされた要件などのデータに追加する必要があるため、フィールドを識別し、このレコードを読み取るために必要です。

設定値である優先度や大文字小文字の種類など、ZENTAOの固定データはドロップダウンから選択できます。



  - ケース ステップを入力するの規則

    ステップおよび期待値を入力するときは、各ステップの行を区切ります。例えば。

例えば、

1.QAステップ1.期待値1

2.QAステップ2。

3.QAステップ3 3.期待3


ステップがなければ、期待はない。1つのステップに予想がない場合は、空白のままにします。このようにして、ZENTAOはステップとそれに対応する期待を得ることができる。


-編集用にインポートできるデータには、ケースタイトル、モジュール、関連要件、優先度、ケースタイプ、ステータス、頻度、ステージ、前提条件、期待値などがあります。


-必須フィールドは必須です (Case Type、Titleなど)。または無視されます。


インポートしたケースファイルに適したエンコーディングを選択してください。そうしないと問題が発生する可能性があります。テンプレートファイルをインポートすると、すべてのレコードが新規になります。テンプレートが使用されておらず、レコードに番号がある場合、このレコードは存在しています。それ以外の場合は、 新しく追加される必要があります。



お問い合わせ

株式会社AIoTセンター