1 設置
1.1  適切なインストール方法を選択
1.2  ZENTAO Cloud
1.3  Windows用ワンクリックインストール
1.4  Linuxのワンクリックインストール
1.5  Lamppを使用したインストール
1.6  macOSのソースコードのインストール
1.7  macOS用のXAMPP-VMのインストール
1.8  macOSのXAMPPインストール
1.9  ソースコードのインストール(対象は全てのシステム)
1.10  Softaculousのサービス
1.11  Ioncubeのインストール
2 ユーザーとグループ
2.1  会社の構造
2.2  ユーザーの追加
2.3  ユーザーのバッチ管理
2.4  グループと権限
3 迅速にスタート
3.1  プロジェクトとタスクの管理
3.2  バグ追跡
3.3  製品管理
3.4  To-Do管理
4 特徴
4.1  ガントチャート
4.2  エフォート
4.3  リポジトリとコードレビュー
4.4  カレンダー
4.5  MS Excelファイルのインポート/エクスポート
4.6  MS Wordファイルのエクスポート
4.7  LDAP認証
4.8  概略報告
4.9  レポートのエクスポート
4.10  クリスタルレポート
4.11  フィードバック管理
4.12  文書管理
5 基本的なアプリケーション
5.1  基本的なワークフロー
5.2  アジャイルとスクラム
5.3  ZENTAOとスクラム
5.4  ルーキー用ZENTAOチュートリアル
5.5  プロダクトの作成
5.6  ストーリーの作成
5.7  プロジェクトの作成
5.8  ストーリーの確認
5.9  ストーリーをタスクに分解
5.10  バグの報告
5.11  連絡先の管理
5.12  カスタマイズ
5.13  Excel、CSVファイルのインポート
5.14  文書管理
5.15  動作モード
5.16  ポイント
5.17  必須フィールド
5.18  ZENTAOでアクセス設定を確認する方法
6 高度なアプリケーション
6.1 ワークフロー
6.1.1  ZENTAOワークフロー
6.2 個別管理
6.2.1  私のTodo
6.2.2  自分が処理するタスク、ストーリー、バグ
6.2.3  私のプロファイル
6.3 プロダクトオーナー向け
6.3.1  製品を管理する
6.3.2  製品ラインを管理する
6.3.3  要件を作成して確認する
6.3.4  要件の変更とレビュー
6.3.5  ステータスとフェーズ
6.3.6  要件ライティング
6.3.7  製品モジュール
6.3.8  リリース計画
6.3.9  リリースを作成する
6.3.10  ロードマップ
6.3.11  資料
6.3.12  企画会議
6.3.13  毎日のスクラム、レビュー、レトロスペクティブなミーティング
6.3.14  要件レポート
6.4 プロジェクトマネージャー向け
6.4.1  プロジェクトの作成
6.4.2  チームの設立
6.4.3  要件の確認
6.4.4  要件の内訳
6.4.5  毎日のスタンドアップミーティング
6.4.6  バーンダウンチャートを使用してプロジェクトの進捗状況をチェックする
6.4.7  リストを使用してプロジェクトの進行状況をチェックする
6.4.8  レビューとレトロスペクティブなミーティング
6.4.9  タスクに関する基本的なレポート
6.5 開発チーム向け
6.5.1  プロジェクトプライプランミーティングとタスクの分解
6.5.2  タスクの要求と更新
6.5.3  看板とツリー図
6.5.4  ビルド
6.5.5  テスト依頼
6.5.6  バグの解決
6.5.7  ドキュメント
6.5.8  バグ確認
6.6 QAチームの場合
6.6.1  欠陥管理
6.6.2  バグ報告
6.6.3  バグの確認とクローズ
6.6.4  バグの有効化
6.6.5  バグを見つける
6.6.6  テストケース
6.6.7  テストケース作成と確認
6.6.8  テストスイート、パブリックケースライブラリ、およびレポート
6.6.9  テストリクエストの管理
6.6.10  サポートリクエストの実行とバグの報告
6.6.11  レポート
7 設定
7.1 ZENTAOの管理
7.1.1  スクリプトの初期化
7.1.2  データバックアップ
7.1.3  削除された内容の回復
7.1.4  バーンダウンチャートの更新
7.2 ZENTAOの展開
7.2.1  ゲストログイン
7.2.2  電子メールの通知
7.2.3  スーパー管理者の設定
7.2.4  スタティックアクセス
7.2.5  URLから「zentao」を削除する
7.2.6  Webhookを統合する
7.2.7  サードパーティアプリケーションの統合
8 その他
8.1  サードパーティコードについて

スクリプトの初期化

2015-09-14 10:13:46
azalea
5554
最後の編集:meilin を選択します 2020-03-24 09:28:28

ZENTAOPHPフレームワークは、コマンドによってZENTAOの設定とメンテナンスを可能にします。

コマンドラインは非常に強力ですが、少し複雑です。ZENTAO 4.0+では、データベースのバックアップやバーンダウンチャートの更新など、一般的なスクリプトが提供されている。次に、これらのスクリプトを初期化します。


ZENTAOをインストールした後、zentao/binにはinitという2つのスクリプトがあります。batとinitです。これは、それぞれWindowsとLinuxに適用されます。これら2つのスクリプトは、基本的にコマンドラインの生成に使用されます。なぜこのように構成されているのですか。binのcheckdb.phpやbackup.phpなどのスクリプトはZENTAOに含まれていましたが、これらのスクリプトは使用する前に設定する必要があります。ZENTAOを最新バージョンに更新すると、変更されたスクリプトはすべて上書きされます。この二つのinitスクリプトはZENTAO 4.0+で他のスクリプトを生成するために提供されている。次に、これらのスクリプトの生成方法について説明します。


1. Windows

Windowsで init.bat のスクリプトを使用します。例えば、ZENTAOはi:\ xamppにインストールされます。

cd i:\ xampp \ zentao \ bin
init.bat

  • このスクリプトは、PHPファイルパスi:\xampp\php\php.exeを入力するように通知します。別のPHP環境が実行されている場合は、実際のパスを入力してください。
  • ZENTAOのURLも入力する必要があります。pms.abc.comのように実際のドメインを入力してください。ポート番号が80でない場合は、ポート番号も入力する必要があります。注:WindowsまたはLinux用のワンクリック・インストール・パッケージの場合、アドレスはhttp ://127.0.0.1:88/zentao(http ://127.0.0.1:88/pro (Proバージョン))です。「 ZENTAO」が含まれている必要があります。(プロフェッショナル版には、「 zentaopro 」が含まれます)
  • PHP実行可能ファイルのパスが設定されている場合、init。batは、バックアップなどのスクリプトを自動的に生成します。 例えば、 backup.bat computeburn.bat

2. Linux

Linuxの場合はinit。shが使用されます。Linuxのワンクリックインストールパッケージを例にとってみましょう。

cd / opt / lampp / zentao / bin
sudo ./init.sh

  • このスクリプトは、phpの実行可能ファイルのパスを入力するように要求するので、/opt/lampp/bin/phpと入力します。その他のPHP環境の場合は、実際のパスを入力してください。
  • ZENTAOのURLも入力する必要があります。あなたの実際のドメイン、例えばpms.abc.comに従って行ってください。ポート番号が80でない場合は、ポート番号も入力する必要があります。
  • PHP実行可能ファイルのパスが設定されている場合、 init.bat は次のような backup.sh, computeburn.shなどの スクリプトを自動的に生成します。

3. Windowsのコントロールパネルを使用してワンクリックでインストールパッケージを生成する

Windowsのワンクリックインストールパッケージの場合、スクリプトはコントロールパネルから生成できます。


4.  Linux用のコントロールパネルを使用したワンクリックのインストールパッケージの生成

Linuxのワンクリックインストールパッケージでは、startまたはstart88スクリプトを実行してZENTAOランタイムを開始すると、スクリプトが自動的に生成されます。 今後は上記説明したinit.shで手動でも 再生できます。


注意: startまたはstart88スクリプトを使用して生成すると、ZENTAOへのアクセスパスが自動的に計算されます。それで、それは間違っているかもしれません。もし間違っていれば、initを実行できます。スクリプトを再生成するには、手動でshを実行します。


お問い合わせ

株式会社AIoTセンター