1 設置
1.1  適切なインストール方法を選択
1.2  ZENTAO Cloud
1.3  Windows用ワンクリックインストール
1.4  Linuxのワンクリックインストール
1.5  Lamppを使用したインストール
1.6  macOSのソースコードのインストール
1.7  macOS用のXAMPP-VMのインストール
1.8  macOSのXAMPPインストール
1.9  ソースコードのインストール(対象は全てのシステム)
1.10  Softaculousのサービス
1.11  Ioncubeのインストール
2 ユーザーとグループ
2.1  会社の構造
2.2  ユーザーの追加
2.3  ユーザーのバッチ管理
2.4  グループと権限
3 迅速にスタート
3.1  プロジェクトとタスクの管理
3.2  バグ追跡
3.3  製品管理
3.4  To-Do管理
4 特徴
4.1  ガントチャート
4.2  エフォート
4.3  リポジトリとコードレビュー
4.4  カレンダー
4.5  MS Excelファイルのインポート/エクスポート
4.6  MS Wordファイルのエクスポート
4.7  LDAP認証
4.8  概略報告
4.9  レポートのエクスポート
4.10  クリスタルレポート
4.11  フィードバック管理
4.12  文書管理
5 基本的なアプリケーション
5.1  基本的なワークフロー
5.2  アジャイルとスクラム
5.3  ZENTAOとスクラム
5.4  ルーキー用ZENTAOチュートリアル
5.5  プロダクトの作成
5.6  ストーリーの作成
5.7  プロジェクトの作成
5.8  ストーリーの確認
5.9  ストーリーをタスクに分解
5.10  バグの報告
5.11  連絡先の管理
5.12  カスタマイズ
5.13  Excel、CSVファイルのインポート
5.14  文書管理
5.15  動作モード
5.16  ポイント
5.17  必須フィールド
5.18  ZENTAOでアクセス設定を確認する方法
6 高度なアプリケーション
6.1 ワークフロー
6.1.1  ZENTAOワークフロー
6.2 個別管理
6.2.1  私のTodo
6.2.2  自分が処理するタスク、ストーリー、バグ
6.2.3  私のプロファイル
6.3 プロダクトオーナー向け
6.3.1  製品を管理する
6.3.2  製品ラインを管理する
6.3.3  要件を作成して確認する
6.3.4  要件の変更とレビュー
6.3.5  ステータスとフェーズ
6.3.6  要件ライティング
6.3.7  製品モジュール
6.3.8  リリース計画
6.3.9  リリースを作成する
6.3.10  ロードマップ
6.3.11  資料
6.3.12  企画会議
6.3.13  毎日のスクラム、レビュー、レトロスペクティブなミーティング
6.3.14  要件レポート
6.4 プロジェクトマネージャー向け
6.4.1  プロジェクトの作成
6.4.2  チームの設立
6.4.3  要件の確認
6.4.4  要件の内訳
6.4.5  毎日のスタンドアップミーティング
6.4.6  バーンダウンチャートを使用してプロジェクトの進捗状況をチェックする
6.4.7  リストを使用してプロジェクトの進行状況をチェックする
6.4.8  レビューとレトロスペクティブなミーティング
6.4.9  タスクに関する基本的なレポート
6.5 開発チーム向け
6.5.1  プロジェクトプライプランミーティングとタスクの分解
6.5.2  タスクの要求と更新
6.5.3  看板とツリー図
6.5.4  ビルド
6.5.5  テスト依頼
6.5.6  バグの解決
6.5.7  ドキュメント
6.5.8  バグ確認
6.6 QAチームの場合
6.6.1  欠陥管理
6.6.2  バグ報告
6.6.3  バグの確認とクローズ
6.6.4  バグの有効化
6.6.5  バグを見つける
6.6.6  テストケース
6.6.7  テストケース作成と確認
6.6.8  テストスイート、パブリックケースライブラリ、およびレポート
6.6.9  テストリクエストの管理
6.6.10  サポートリクエストの実行とバグの報告
6.6.11  レポート
7 設定
7.1 ZENTAOの管理
7.1.1  スクリプトの初期化
7.1.2  データバックアップ
7.1.3  削除された内容の回復
7.1.4  バーンダウンチャートの更新
7.2 ZENTAOの展開
7.2.1  ゲストログイン
7.2.2  電子メールの通知
7.2.3  スーパー管理者の設定
7.2.4  スタティックアクセス
7.2.5  URLから「zentao」を削除する
7.2.6  Webhookを統合する
7.2.7  サードパーティアプリケーションの統合
8 その他
8.1  サードパーティコードについて

クリスタルレポート

2020-08-03 15:21:23
meilin
135
最後の編集:meilin を選択します 2020-08-03 17:08:47

Crystal Reportを使用すると、ユーザーは独自の要件に基づいてSQLクエリー・ステートメントを作成し、レポートを作成できます。サンプルレポートはZENTAOで作成されているので、ユーザは参照として使用したり、修正することができます。



1. 「レポート」->「カスタム」をクリックしてください。

表示されない場合は、「グループ」→「会社名」でパーミッションを確認してください。


  • サンプルレポートを使用する場合は、「デザイン」をクリックします。このレポートに変数がある場合は、変数を入力して使用する必要があります。
  • 「変更」をクリックして 、SQLまたはレポートを変更します。
  • レポートの名前/カテゴリを変更するには、「名前変更」をクリックします。
  • 「レポート追加」をクリックして、レポートを追加できます。


2.新しいレポートを追加する

レポート追加をクリックして、以下のページが表示されます。


 3. SQLステートメントを入力する。 

「クエリ」をクリックすると、これらのSQLステートメントのリストが表示されます。


4.レポート条件を設計し、確認をクリックして、レポートを生成する。 

条件は、ユーザ独自の要件に従って設計できます。第1群及び第2群の項目及び対応する統計的手法に従って報告書が作成される。グループ1は必須で、グループ2はオプションです。


5.レポートが既に設計されている場合は、「保存」をクリックしてレポートを保存できます。


次に、名前とカテゴリを入力するウィンドウが表示されます。

6.レポートは対応するカテゴリに表示されます。

 

7. 「変数追加」をクリックして、SQLステートメントに変数を追加できます。

変数の名前である「変数名」(文字または数字)を入力し、入力の形式を選択します。

入力には、テキスト・ボックス(簡単なテキストボックス)、ユーザー・リスト(選択ボックスのユーザーリストを使用して)、日付(コントロールの日付を選択できます。)の三種類があります。




Note:保存できない場合は、手順3を実行していない可能性があります。レポートへの変更を保存する必要がある場合は、手順3に戻る必要があります。


この機能は、拡張機能として別途購入でき、オープンソースバージョンでインストールできます。sales1@grids.co.jpに連絡して、購入してください。

お問い合わせ

株式会社AIoTセンター