1 設置
1.1  適切なインストール方法を選択
1.2  ZENTAO Cloud
1.3  Windows用ワンクリックインストール
1.4  Linuxのワンクリックインストール
1.5  Lamppを使用したインストール
1.6  macOSのソースコードのインストール
1.7  macOS用のXAMPP-VMのインストール
1.8  macOSのXAMPPインストール
1.9  ソースコードのインストール(対象は全てのシステム)
1.10  Softaculousのサービス
1.11  Ioncubeのインストール
2 ユーザーとグループ
2.1  会社の構造
2.2  ユーザーの追加
2.3  ユーザーのバッチ管理
2.4  グループと権限
3 迅速にスタート
3.1  プロジェクトとタスクの管理
3.2  バグ追跡
3.3  製品管理
3.4  To-Do管理
4 特徴
4.1  ガントチャート
4.2  エフォート
4.3  リポジトリとコードレビュー
4.4  カレンダー
4.5  MS Excelファイルのインポート/エクスポート
4.6  MS Wordファイルのエクスポート
4.7  LDAP認証
4.8  概略報告
4.9  レポートのエクスポート
4.10  クリスタルレポート
4.11  フィードバック管理
4.12  文書管理
5 基本的なアプリケーション
5.1  基本的なワークフロー
5.2  アジャイルとスクラム
5.3  ZENTAOとスクラム
5.4  ルーキー用ZENTAOチュートリアル
5.5  プロダクトの作成
5.6  ストーリーの作成
5.7  プロジェクトの作成
5.8  ストーリーの確認
5.9  ストーリーをタスクに分解
5.10  バグの報告
5.11  連絡先の管理
5.12  カスタマイズ
5.13  Excel、CSVファイルのインポート
5.14  文書管理
5.15  動作モード
5.16  ポイント
5.17  必須フィールド
5.18  ZENTAOでアクセス設定を確認する方法
6 高度なアプリケーション
6.1 ワークフロー
6.1.1  ZENTAOワークフロー
6.2 個別管理
6.2.1  私のTodo
6.2.2  自分が処理するタスク、ストーリー、バグ
6.2.3  私のプロファイル
6.3 プロダクトオーナー向け
6.3.1  製品を管理する
6.3.2  製品ラインを管理する
6.3.3  要件を作成して確認する
6.3.4  要件の変更とレビュー
6.3.5  ステータスとフェーズ
6.3.6  要件ライティング
6.3.7  製品モジュール
6.3.8  リリース計画
6.3.9  リリースを作成する
6.3.10  ロードマップ
6.3.11  資料
6.3.12  企画会議
6.3.13  毎日のスクラム、レビュー、レトロスペクティブなミーティング
6.3.14  要件レポート
6.4 プロジェクトマネージャー向け
6.4.1  プロジェクトの作成
6.4.2  チームの設立
6.4.3  要件の確認
6.4.4  要件の内訳
6.4.5  毎日のスタンドアップミーティング
6.4.6  バーンダウンチャートを使用してプロジェクトの進捗状況をチェックする
6.4.7  リストを使用してプロジェクトの進行状況をチェックする
6.4.8  レビューとレトロスペクティブなミーティング
6.4.9  タスクに関する基本的なレポート
6.5 開発チーム向け
6.5.1  プロジェクトプライプランミーティングとタスクの分解
6.5.2  タスクの要求と更新
6.5.3  看板とツリー図
6.5.4  ビルド
6.5.5  テスト依頼
6.5.6  バグの解決
6.5.7  ドキュメント
6.5.8  バグ確認
6.6 QAチームの場合
6.6.1  欠陥管理
6.6.2  バグ報告
6.6.3  バグの確認とクローズ
6.6.4  バグの有効化
6.6.5  バグを見つける
6.6.6  テストケース
6.6.7  テストケース作成と確認
6.6.8  テストスイート、パブリックケースライブラリ、およびレポート
6.6.9  テストリクエストの管理
6.6.10  サポートリクエストの実行とバグの報告
6.6.11  レポート
7 設定
7.1 ZENTAOの管理
7.1.1  スクリプトの初期化
7.1.2  データバックアップ
7.1.3  削除された内容の回復
7.1.4  バーンダウンチャートの更新
7.2 ZENTAOの展開
7.2.1  ゲストログイン
7.2.2  電子メールの通知
7.2.3  スーパー管理者の設定
7.2.4  スタティックアクセス
7.2.5  URLから「zentao」を削除する
7.2.6  Webhookを統合する
7.2.7  サードパーティアプリケーションの統合
8 その他
8.1  サードパーティコードについて

リポジトリとコードレビュー

2020-08-03 15:20:31
meilin
127
最後の編集:meilin を選択します 2020-08-03 17:05:12

GitとSVNを統合しているので、ソースコード内のファイルの閲覧、変更ログのチェック、diffファイルのチェックができます。

例えばSVN統合を考えてみてください。


1.リポジトリの作成

「レポ」 および 「レポの作成」 をクリックします。リポジトリが存在しない場合は、最初にリポジトリを作成するページが表示されます。

  • 名前:SVNリポジトリ名称。
  • パス:リポジトリのパス(http://zentaoms.googlecode.com/svnなど)。このパスはルートである必要はありません。
  • エンコーディング: utf-8またはGBK。
  • クライアント:クライアントのパス。 Linuxでは、/usr/ bin / svn(Gitの場合、 /usr/ bin / gitになるかもしれない)。 Windowsでは、既にワンクリックインストールパッケージプログラムに統合されたsliksvnをダウンロードできます。(Gitの場合、msysGitを利用してください)そして、svn.exeのパスを指定します。(ヒント1.クライアントは、ZENTAOをインストールしたサーバーと同じサーバーにインストールする必要があります。 2. SVNのパスにはスペースを入れないでください。 3. HTTPSを使用する場合、それが有効であり、IPアドレスがその直後にないことを確認してください。)
  • ユーザー名とパスワード:リポジトリのアカウント情報。 ユーザー名とパスワードが必要ない場合は、空白のままにします。
  • 「保存」をクリックすると、ZENTAOが初期化され、以前の変更ログが保存されます。

2. SVNリポジトリの表示

構成後にSubversionリポジトリを表示できます。 「更新」をクリックすると、コードを同期できます。


3.ファイルの表示と相違

Diffファイルをダウンロードできます。


4.コードレビュー

ソースコードの行番号にカーソルを合わせると、「+」が表示されます。 それをクリックして、コードレビューノートを追加できます。


次に、行番号の横にサインがあります。それをクリックして、レビューノートの詳細を表示します。


レビューノートも 「コード」->「レビュー」また「製品」->「バグ」に位置しています。


5. GIT同期ブランチ

ZENTAOPro 8.5 .2+には、GIT上のブランチを同期する機能があり、すべてのブランチとブランチのコミットノートを同期することができます。切り替えるブランチをクリックし、目的のブランチをチェックします。ブランチの同期に時間がかかる場合がありますので、しばらくお待ちください。


さらにご質問がある場合は、Troy@easysoft.ltdにお問い合わせください。


お問い合わせ

株式会社AIoTセンター