フィードバック管理

2018-02-23 10:32:22
Renee
5074
最後の編集:meilin を選択します 2020-06-05 13:48:29

ZENTAO Enterpriseのフィードバック管理は、提供された製品のアフターサービスおよび技術サポートに使われます。顧客 サービススタッフなどの会社のユーザーは、非開発者ユーザーとして設定し、顧客から質問やアドバイスを提出できます。開発者ユーザーは、送信された質問に返信するか、要件/バグに変換できます。


1.特権の設定

Adminとしてログインし、「Feedback」->「Permissions」を選択します。開発者以外のユーザーが特定の製品についてフィードバックする特権を設定できます。

「製品リンク」 ボタンをクリックすると、開発者以外のユーザーが使用できる製品をフィードバックする権限を設定できます。

2.フィードバックの作成

非開発者ユーザーとしてログインします。ページの右上にある 「作成」 をクリックして、フィードバックを作成します。

ZENTAO Enterprise 2.4+を使用している場合、開発者ユーザーと非開発者ユーザーの両方ともフィードバックを追加できます。



注意:

「Public」が選択された場合、すべてのZENTAOエンタープライズユーザーがフィードバックを受け取ります。そうでない場合、フィードバックは非開発者ユーザーにとっては専用です。開発者ユーザーに関して、関連製品の特権を持つユーザーのみがこのフィードバックを見ることができます。

ZENTAO Enterprise 2.4+を使用している場合、フィードバックタイプが既に追加されています。 ZENTAO管理者は、開発者のユーザーインターフェイスに関するすべてのフィードバックを分類できます。製品を追加するときに、フィードバックマネージャーとして一つのユーザーを選択できます。フィードバックマネージャーが割り当てられた後、この製品に関するフィードバックはフィードバックマネージャーに割り当てられます。

リスト内のすべてのフィードバックを確認できます。フィードバックをフィルタリングするための3つのタブがあります。

  • Wait:自分で送信したすべてのフィードバックは処理されていません。
  • All:自分が送信したすべてのフィードバック
  • Public:パブリックとしてマークされたすべてのフィードバック

3.フィードバックへの対応

開発者ユーザーは、非開発者ユーザーのフィードバックを確認できます。フィードバックの右側には、 「返信」 、 「要件に変換」 、 「バグに変換」 のアクションボタンがあります。


フィードバックをクリックして、フィードバックの詳細ページに移動して返事することもできます。


3.1返信

「返信」ボタンをクリックして、フィードバックにコメントを追加します。


3.2要件に変換

「要件へ」ボタンをクリックすると、 要件を追加するページが表示されます。フィードバックのすべての情報がフォームに自動的に入力されます。


変換後は、Product->Storyで確認できます 。要件のソースでは、「フィードバック」から変換されていることがわかります。


3.3バグへの変換

[バグへ]ボタンをクリックすると、バグを追加するページに移動します。 フィードバックのすべての情報がフォームに自動的に入力されます。


変換後、「 QA」->「 bug」で確認できます。バグのソースで、「フィードバック」から変換されていることがわかります。


フィードバックの詳細ページでフィードバックアクションの履歴を確認できます。


4. 返信済みおよび終了したフィードバックの表示

要件/バグに変換されたフィードバックについては、フィードバックは閉じられます。


開発者のユーザーインターフェイス

フィードバックは次の方法で確認できる:

Wait All Public To リリース To Bug


フィードバックユーザーインターフェイス

お問い合わせ

株式会社AIoTセンター