例:組み込みのワークフローをカスタマイズする

2019-09-03 13:09:50
John Ten
596
最後の編集:meilin を選択します 2020-02-09 10:28:05

ZENTAOの組み込みワークフローはカスタマイズできます。 

もしあなた、以前にワークフローに関する章を読んだことがあるなら、 ZENTAOのワークフロー、機能、カスタマイズに基づいて開発され、製品、計画、リリース、要件、プロジェクト、ビルド、タスク、バグ、ケース、リクエスト、スイート、フィードバックの12のワークフローが組み込まれていることがわかるでしょう。

組み込みフローの場合、フィールドとアクションのみを閲覧、編集、管理できます。ラベルサブフロー、子テーブルを追加することができますが、ZENTAOから削除することができません。

ZENTAOのバグのワークフローを例にとり、フローをカスタマイズする方法を見てみましょう。


1.フィールドの表示と編集

組み込みワークフローの単純なアクションは、フィールドと編集です。

1.1ビュー

「アクション」の右側の列で、「フィールド」をクリックして、すべての「バグビュー」関連するコンテンツを確認できます。ZENTAOのバグのワークフローを例にとり、プロセスをカスタマイズする方法を見てみましょう。


1.2編集

「アクション」列の「編集」をクリックすると、バグフローの名称と説明を変更できます。


2.フィールドを管理する

ZENTAOのフィールドについては、それを編集して、組み込みワークフローに新しいフィールドを追加できます。


2.1組み込みのワークフローで作成されたフィールドを編集する

「フィールド」をクリックして、フィールドのリストページに入ります。ここにリストされているすべてのフィールドを表示し、いずれかを編集できます。「編集」ボタンをクリックして、編集できます。組み込みフィールドは削除できません。


行の最後にあるフィールドの「編集」ボタンをクリックして編集します。


2.2フィールドを作成する

ページの右上にある「フィールド作成」をクリックして、 ワークフローに新しいフィールドを追加できます。

 

レビュー結果を追加 バグワークフローのフィールド。 「フィールド作成」をクリックし、ページを入力して、「レビュー結果」に情報を追加できます。


  • 名称: データベースに保存される フィールドのデータ項 またはページに表示される名称。
  • 位置:レイアウト上のフィールドが表示される場所。
  • エイリアス: データベースのフィールドを記録するための文字のみ。
  • タイプ:数値(tinyint、smallint、mediumint、int、decimal、float、double)、日付と時刻(date、datetime、timestamp)、strings(char、varchar、text)。
  • コントロール:ラベル、テキストボックス、リッチテキスト、日付、時刻、ドロップダウンメニュー、ラジオボタン、チェックボックス。
  • デフォルト:コントロールが選択されたときに表示されるデフォルト値。
  • ルール: 正規表現を使用してデータのフォマートを検証することはできまない。
  • エクスポート:フィールドをエクスポートできるかどうかを設定する。
  • 捜索: フィールドを検索できるかどうかを設定する。
  • 外部キー:サブフローのデータを表示するために使用され、外部キーは1つしか存在できない。外部キーとして設定されたフィールドは、ドロップダウンメニューまたはラジオボタンをコントロールとして使用する必要があります。そうでない場合、デフォルトでコントロールをドロップダウンメニューとして設定し、データソースをサブフローとして選択する。


保存すると、下に示すように「レビュー」結果フィールドが表示されます。


注:アクションで追加した「レビュー」フィールドを選択されたことを確保して、このフィールドが表示されます。このレビューアクションにとって、あなたがそれを編集して、 E拡張 タイプを Extend に変更する必要があります。


3.アクション

「アクション」ページで必ずチェックするフィールドに進みます。 

3.1アクションページに追加されたフィールドを表示する

ZENTAOの組み込みフローのデフォルトの拡張タイプはExtendではないため、最初にExtendに変更する必要があります。


編集するアクションの「編集」ボタンをクリックし、「拡張タイプ」ドロップダウンから「拡張」を選択します。例としてバグの詳細を取り上げます。


拡張に切り替えた後、レイアウトと拡張アクションを使用できます。


[レイアウト]をクリックし、ページを入力して編集します。先ほど追加した「レビュー」フィールドが見られます。正しい位置に表示されているかどうかを確認してください。 


  • 位置:表示される場所と内容。
  • 基本情報:バグの詳細ページの右側の列に表示される 基本情報 
  • 詳細情報: バグの詳細ページの左列に表示され る詳細 情報


レビューフィールドが追加されると、バグの詳細ページに表示されます。非表示の場合、「レビュー」フィールドはバグの詳細ページに表示されません。

スクリーンショット


バグ寿命のセクションでレビューフィールドを確認することもできます。

スクリーンショット


リストのフィールドの表示をカスタマイズすると、バグリストページにも表示されます。

スクリーンショット


「レビュー」フィールドを選択すると、リストページに表示されます。

スクリーンショット


3. 2アクションを作成する

アクションリストページで「アクションの作成」をクリックすると、ビルドインワークフローのアクションの追加を開始できます。以下は、レビューアクションをバグワークフローに追加する例です。


  • 名称:作成されたばかりのアクションの名前。
  • エイリアス:追加されたアクションのエイリアス。スペースや特殊文字は使用できない。一度保存すると、後で変更することはできない。
  • オーペン方式:Normal、Popout、Noneなどのページを開く方法がある。
  • 位置:メニュー、リスト、詳細、およびリストの詳細ページなどアクションが表示される場所。
  • 表示:ページやドロップダウンを含む、アクションの表示方法。
  • 説明:アクションの説明。


アクションが追加された後、あなたは条件の編集、表示、追加、レイアウト設定、拡張アクションの追加、通知の設定、およびアクションの削除を行うことができます。


3.3条件

条件を設定して、アクションをトリガーできます。アクションがトリガーされる条件で行います。つまり、この条件でアクションを実行できます。

「条件」をクリックし、ページをに入って条件を設定できます。

スクリーンショット


「保存」をクリックした後、バグの詳細ページに移動すると、「レビュー」ボタンと「レビュー」結果が表示されます。

スクリーンショット


3.4レイアウト

アクションを追加したら、そのレイアウトを設定する必要があります。つまり、アクションのレイアウトに表示すべきフィールドとコンテンツを設定する必要があります。


「レイアウト」をクリックし、ページを入ってレイアウトを設定します。ページの下部にある「編集」ボタンをクリックすると、バグワークフローに関連するすべてのフィールドが一覧表示されます。追加したばかりの「レビュー」アクションをチェックしたことを確認してください。非表示または表示として設定することもできます。

スクリーンショット


「レビュー」ページに移動すると、表示されているアクションに設定したすべての内容を確認できます。

スクリーンショット


3.5ルール

ルールは、フィールドが特定値の場合にヒントを表示できるように設定されています。    

ルールオプションは、データとSQLです。

スクリーンショット


3.6拡張アクション

拡張アクションをアクションに追加し、アクションが完了したら関連データを更新できます。拡張アクションがトリガーされる条件とそのヒントを設定できます。アクションの条件を設定するのに似ています。

スクリーンショット


3.7通知

アクションが実行された後、アクションについてユーザーに知らせるためにユーザーにメールを送信します。

「通知」をクリックして設定します。 Admin-> Notificationでメールを設定し、ユーザーのメールが組織-> Userに記録されていることを確認してください。

スクリーンショット


4.サブステータス

サブステータスがZENTAO Enterprise 3.5.betaに追加されます。 


すべてのフィールドはZENTAOのプログラムの一部であり、計算されるため、カスタマイズしたいユーザーにとっては不便です。サブステータス機能を使用すると、サブステータスを追加して、ZENTAOのワークフローを要件に合わせてカスタマイズできます。


サブステータスは、フィールドリストのフィールドとして表示されます。以下は、タスクのサブステータスをカスタマイズする例です。 


4.1 サブステータスを作成する

「タスクのフィールド」をクリックし、ワークフローのフィールドリストページに入ります。

スクリーンショット


フィールドリストで「サブステータス」を見つけ、「編集」をクリックして、フィールドを編集するページに入ります。

スクリーンショット


編集のページは以下のように表示されます。サブステータスを追加し、そのキーと値を入力します。

スクリーンショット


キーには文字と数字を使用できます。値は、実際の要件に従って設定する必要があります。各サブステータスについて、デフォルト値を設定する必要があります。

スクリーンショット


次に、「タスク」-> 「かんばん」-> 「かんばん設定」に移動して、サブステータスの設定を行います。

スクリーンショット


  • フィールド:デフォルト設定はサブステータスではありません。 「サブステータス」をクリックして表示します。
  • モード:タスクかんばんとバグかんばんは分離されているので、いずれかを選択して 設定する 必要があります。
  • 表示:デフォルト設定は、かんばんに表示するサブステータスを選択します。
  • 色:サブステータスがオンに設定された後、色を設定およびカスタマイズする必要があります。
  • リセット- dedaultにリセットします。


設定が完了したら、ドラッグアンドドロップでタスクのステータスを確認したり、タスクを編集してステータスを変更したりできます。

スクリーンショット

 


お問い合わせ

株式会社AIoTセンター