例:ワークフローを追加する

2019-09-03 13:09:50
John Ten
466
最後の編集:meilin を選択します 2020-02-07 17:27:20

ZENTAOに、 ビルトインワークフローをカスタマイズおよび拡張できるだけでなく、新しいワークフローも追加できます。

新しいワークフローを作成するためのヒント、

  • 新しいワークフローの要件を準備します。
  • 要件に従ってワークフローを追加し、そのフィールドを追加します。
  • ステータスの変化に応じてアクションを追加し、レイアウトを設定します。
  • アクションの特権に従って、条件、ルール、拡張アクション、および通知を設定します。
  • 特権に従ってラベルを追加します。
  • Admin-> 権限で特権を設定します。


1.新しいワークフローの要件を準備する

最初に行うことは、フィールド、アクション、サブフロー、データソース、特権などを含むワークフローの要件を収集して理解することです。

新しいワークフローを追加する例として、会議室予約を取り上げます。会議室の予約はワークフローであり、会議室の追加はそのサブフローです。


ワークフロー:会議室の予約


  • フィールドID、会議室、開始時刻、終了時刻、予約者、説明、親フローID、作成者、作成日、編集者、編集日、削除。
  • アクション- 予約、編集、詳細、リストレビュー、削除。 
  • ルール-ユーザーが既に予約されている会議室を予約しようとすると、会議室が予約されるというメモを表示する。
  • ラベル-すべての予約、私の予約
  • 特権-アクションとラベルに従って特権を設定する


サブフロー:会議室を追加する

  • フィールドID、会議室名、場所、定員、設備、開放日、親フローID、作成者、作成日、編集者、編集日、削除。
  • アクション-追加、編集、詳細、リストの表示、削除。 
  • ラベル-すべて1階、2階、3階
  • データソース-機器(コンピューター、スピーカー、マイク、プロジェクター、ホワイトボード);営業日(月曜日、火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日)
  • 特権-アクションとラベルに従って特権を設定する


2.ワークフローを作成し、フィールドを追加する

要件が収集され、十分な準備ができたら、そのワークフローを追加し始めます。


2.1フィールドを作成

「ワークフロー」->「フロー」に移動し、「フィールドの作成」をクリックします。ポップアップウィンドウに会議室の予約に関する情報を入力してください。


作成後、フローリストにフローがリストされます。


会議室を 別のフローとして作成して、このフローは 会議室予約のサブフローです 。要件に応じてフィールドを追加し、コントロールのタイプとルールを設定できます。

スクリーンショット

フィールドのキー、値、またはその両方をチェックできることに注意してください。

スクリーンショット


  • キーと値のペアは、他のフローがこのフローのデータを調整使用するときに、実際の値と表示された値を表示するために使用されます。
  • キーは1つだけです。 キーとして設定されたフィールドは、検証されるためのルールを必要とし、そのIDはデフォルトでキーとして使用されます。
  • フィールドの値は複数です。


3.条件を追加してレイアウトを設定する

会議室の予約と会議室が追加されたら、そのためのアクションを追加できます。


3.1アクションを追加する

以下はデフォルトのアクションリストです。要件に応じて、アクションを編集したり、新しいアクションを追加したりできます。

スクリーンショット


編集後の会議室予約のアクション。

スクリーンショット


編集後の会議室のアクション。

スクリーンショット


3.2レイアウトを設定する

レイアウトは、アクションの作成のインターフェースに表示されるフィールドとそのルールおよびデフォルト値に関係しています。

スクリーンショット


各アクションのフィールドを設定し、表示したくない場合はフィールドを非表示にしてください。


例の会議室を例にとって、でアクションします。

スクリーンショット


4.アクションの検証と通知

アクションとそのレイアウトを設定したら、次のステップは、アクションの設定に検証、拡張アクション、および通知が必要かどうかを確認することです。


4.1検証

検証とは、会議室を予約および編集するときにデータを検証することです。会議室が予約されている場合、ユーザーに通知するために通知がポップアップ表示されます。


検証としてSQLを選択し、以下のステートメントに入力します。

スクリーンショット


編集アクションの検証を設定します。

スクリーンショット


4.2通知

通知は、ユーザーへ設定したメールのことです。会議室を予約または編集するとき、通知が会議の出席者に送信されます。管理者->通知でメールを設定し、ユーザーのメールが会社->ユーザーにあることを確認してください。 

スクリーンショット


5.データソース

会議室の予約と会議室かかわる データソースのタイプです。 、つまりユーザー、設備、および勤務日です。ユーザーはFlowのデフォルトのデータソースであるため、作成する必要はありません。


Admin-> Workflow-> Datasource-> Create Datasourceに移動してください。


[保存]をクリックすると、データソースのリストに表示されます。


6.ラベル

さまざまな特権のラベルを設定し、データをフィルタリングできます。


情報を入力したら、「ラベルの作成」をクリックして保存します。


その後、「All」または「My Booking」で予約を確認できます。


7.特権

会社->ワ ークフローの権限で権限を設定できます。 「+」をクリックすると、ラベルの特権を設定できます。

スクリーンショット


8.例

ZENTAOに会議室の予約が追加されたら、ZENTAOで会議室を予約する方法を見てみましょう。


8.1会議室を追加する

スクリーンショット


8.2予約リクエストを提出する

スクリーンショット


お問い合わせ

株式会社AIoTセンター