ユーザーストーリー:受け入れ基準を作成する方法

2017-12-31 14:29:00
Yves
オリジナル
1864

Wすでにアジャイルの採用を開始しているクライアントとの共同作業は、著者が最初に検討する項目の1つがバックログです。どうして?バックログの品質は、チームのパフォーマンスの主要な指標であるためです。残念ながら、最初の製品所有者によって作成されたほとんどのバックログは、チームが消費する形にはなりません。その最大の理由は、通常、ユーザーストーリーに受け入れ基準がないことです。


この記事では、以下について説明します。

  • 受け入れ基準とは何ですか?
  • なぜ重要なのですか?
  • なぜうまく機能するのですか?
  • それらを作成する方法は?


受け入れ基準とは何ですか?

受け入れ基準は、ストーリーが「完了」し、期待どおりに動作するタイミングを判断するために、ユーザーの観点から説明される要件のステートメントです。


これにより、チームが作業を受け入れたときに合意したのと同じ基準でテストすることにより、チームはリスクを軽減できます。受け入れ基準は新たに発展しており、チームがストーリーの作業を開始するまで変更できるほど柔軟であると想定されています。ビジネスアナリスト、QA、開発者などのチームの誰もが、承認基準の作成と確認の両方でPOを支援できます。


受け入れ基準の利点:


  • エンドユーザーの観点から機能がどのように機能するかをチームが考えるための思考プロセスをトリガーします。
  • チームがビジネスの価値を理解するためにあいまいさなしに正確なテストケースを作成するのに役立ちます。
  • ストーリーに価値をもたらさない不必要な範囲を排除します。つまり、適切なコンテンツを保持します。


お客様が自分のアカウントが当座貸越になったときに通常のメールアドレスにメールを送信したいので、アカウントにお金を入れる必要があることがわかります。

合否基準:



入力
処理する
出力
有効な電子メールアドレス
電子メールアドレス
メールアドレスに送信されたメッセージ
無効なメールアドレス
電子メールアドレス
オンラインプロフィールに不完全なキックオフカタツムリメールメッセージとしてフラグを立てる
有効な電子メールアドレス
マーケティングメッセージング
マーケティングメッセージのコピーは、マーケティングが提供するコピーと一致します
有効な電子メールアドレス
マーケティングメッセージング
マーケティングメッセージのデザインは、マーケティングが提供する仕様と一致します
有効な電子メールアドレス
マーケティングメッセージング
メッセージには、ユーザーがオンラインバンキングに移動できるようにする電子メールリンクが含まれています
有効な電子メールアドレス
電子メールアドレス
メールアドレスに送信されたメッセージ
上記の例では、受け入れ基準は要件「満足の条件」を表す一連のステートメントです。また、ストーリーが完了して受け入れられるようになるタイミングを決定する境界とパラメーターも含まれています。結果として期待されることについてあいまいさのないシンプルな顧客の言葉で明確に表現しました。簡単に実行可能で、1つ以上の手動/自動テストケースに変換する必要があります。


開発チームがユーザーストーリーの作業を終えたら、プロダクトオーナーの機能をデモンストレーションし、各基準がどのように満たされているかを示します。


受け入れ基準の作成


受け入れ基準は次の3つの部分で構成されています。 nput、proce ssおよび結果。受け入れ基準について考える便利な方法は次のとおりです。



IX andYの場合、結果としてZをチェックします。

入力許容基準の例は、「値を入力してボタンを押す」または「コマンドを入力して結果を確認する」などです。


プロセス受け入れ基準のチェックは、実際の計算がチェックされることです。通常、ユーザーストーリーを作成するときに、ユーザーによる入力のセットに対して何かが発生するようにします。このプロセスは、通常は直接観測できませんが、特定の入力セットと期待される出力に対して検証可能です。


結果(結果)許容基準は、常に曖昧さを最小限に抑えてテスト可能でなければなりません。


ユーザーストーリーについて考えるとき、通常、ユーザーストーリーの説明の観点から考えます。ただし、検証可能な受け入れ基準が設定されるまで、ユーザーストーリーは完全ではありません。また、受け入れ基準は、ストーリーがどのように検証されるかを理解すると、それを実現するために必要な努力を理解するため、チームがユーザーストーリーを迅速に把握するのに役立ちます。


すべてのユーザーストーリーに受け入れ基準を使用します。


参照


お問い合わせ

株式会社AIoTセンター