アジャイル手法が従来の手法とどのように異なるか

2018-08-03 10:55:00
Pedro
翻訳:
simplilearn
1035
要約:従来の方法とは、ウォーターフォール法のことです。反復などのアジャイルのような同じプロセスには従いません。基本的に、Waterfallメソッドは、シーケンシャルメソッドでの製品開発の可視性を重視しています。分析からテストおよびメンテナンスまでの完全なプロセスに従います

アジャイルは、反復的かつ漸進的なモデルにより作業を簡素化する方法論です。アジャイルの主な焦点は、チームメンバのスキルを向上させ、成果物への焦点を維持することです。ユーザーは、さまざまな研究論文、ウェビナー、記事、ブログを通じて、アジャイルについてさらに学ぶことができます。 CSM認証 提供します。このユーザーを通じて、アジャイルとスクラムに関する詳細な知識と、ビジネスでアジャイルとスクラムを実装する方法が得られます。


従来の方法とは、ウォーターフォール法のことです。反復などのアジャイルのような同じプロセスには従いません。基本的に、Waterfallメソッドは、シーケンシャルメソッドでの製品開発の可視性を重視しています。分析からテストおよび保守までの完全なプロセスに従います。

ただし、アジャイルは顧客のニーズを満たしているということは、顧客のニーズを満たすことに完全に焦点を合わせていることを意味します。それは完全にチームビルディング、エンドユーザーに対する可視性、および継続的な改善に基づいています。


アジャイルがビジネスの救い主として働く仕組み

この記事では、いくつかの一般的な問題領域とそれらを軽減する方法について説明します。


a)。市場リスク:

市場は毎秒ごとに変化し、複数の理由があります。その革新により、新しいチャネル、テクノロジープラットフォームのシフト、顧客のニーズの継続的な変化により、素晴らしいアイデアが時代遅れのアイデアになります。

このタイプのリスクは、アジャイル方法論の助けを借りて機能の優先順位を変更することにより軽減できます。アジャイル手法は、複数のジョブを同時に実行しようとするのではなく、1つのプロジェクトとその配信に焦点を合わせます。これは、数週間のうちに90%完了したそのようなプロジェクトがないことを意味します。このようにして、チームは、1つのプロジェクトを一度に完了するために最善を尽くします。

アジャイル手法には「遠未来思考」のような用語はありません。それは、アジャイルがより少ない無駄で一方向に自由に動くためのてこ比を与えることを意味します。


b).Bad Design Risk:

最近では、新製品は時代遅れになるのに多くの時間を必要としません。アイテムが古くなった場合、消費者は購入に興味を持ちません。

そのため、市場に新製品を導入する前の調査により、設計リスクの可能性が減少します。消費者からのフィードバックを収集し、市場に先立ってテストにアイデアを置くことで、需要に関する深い知識は失敗の可能性を減らすことができます。また、生産を確実にするための最良の方法。

リーンでアジャイルなプロセスは、顧客からフィードバックを受け取り、できるだけ早く価値を生み出すことに重点を置いています。会社が否定的なフィードバックを受け取った場合、顧客の要求に応じて品質と機能を改善できます。そして、フィードバックが大丈夫であれば、小売業者は、製品が消費者の間で知名度を上げるように、機能を改善および改善する機会があります。製品を短期間でリリースすることは、市場の罪です。


c)。不明なリスク:

開発チームが需要を分類できない場合や、技術が新しいために学習範囲外、データ不足、その他多くの場合があります。それでは、次は何ですか?

そのようなタイプの問題に対処する最善の方法は、それらを知らせることです。しかし、どのように?アジャイルプロセスは、チーム参加に機能します。問題がもう不明にならないように、チームメンバーから多数のアイデアを引き出すのに役立ちます。バックログは将来の可視性を提供するため、リスクの可能性は新しいものではなく、リスクが発生した場合にそれらに対処する考えがあります。


結論:

アジャイルは、市場で急速に成長している方法論です。それは仕事にも消費者にも価値を与えます。アジャイルは、包括的なドキュメントよりも動作するソフトウェアを優先します。継続的な改善を実施することにより、仕事の汎用性を優先します。したがって、チームメンバーがアジャイルを実装して進化させ、品質を向上させる必要があります。


お問い合わせ

株式会社AIoTセンター