クリスタルレポート

2016-06-17 10:26:49
azalea
5090
最後の編集:meilin を選択します 2020-04-21 08:42:05

Crystal Reportを使用すると、ユーザーは独自の要件に基づいてSQLクエリー・ステートメントを作成し、レポートを作成できます。サンプルレポートはZENTAOで作成されているので、ユーザは参照として使用したり、修正することができます。



1. 「レポート」->「カスタム」をクリックしてください。

表示されない場合は、「グループ」→「会社名」でパーミッションを確認してください。


  • サンプルレポートを使用する場合は、「デザイン」をクリックします。このレポートに変数がある場合は、変数を入力して使用する必要があります。
  • 「変更」をクリックして 、SQLまたはレポートを変更します。
  • レポートの名前/カテゴリを変更するには、「名前変更」をクリックします。
  • 「レポート追加」をクリックして、レポートを追加できます。


2.新しいレポートを追加する

レポート追加をクリックして、以下のページが表示されます。


 3. SQLステートメントを入力する。 

「クエリ」をクリックすると、これらのSQLステートメントのリストが表示されます。


4.レポート条件を設計し、確認をクリックして、レポートを生成する。 

条件は、ユーザ独自の要件に従って設計できます。第1群及び第2群の項目及び対応する統計的手法に従って報告書が作成される。グループ1は必須で、グループ2はオプションです。


5.レポートが既に設計されている場合は、「保存」をクリックしてレポートを保存できます。


次に、名前とカテゴリを入力するウィンドウが表示されます。

6.レポートは対応するカテゴリに表示されます。

 

7. 「変数追加」をクリックして、SQLステートメントに変数を追加できます。

変数の名前である「変数名」(文字または数字)を入力し、入力の形式を選択します。

入力には、テキスト・ボックス(簡単なテキストボックス)、ユーザー・リスト(選択ボックスのユーザーリストを使用して)、日付(コントロールの日付を選択できます。)の三種類があります。




Note:保存できない場合は、手順3を実行していない可能性があります。レポートへの変更を保存する必要がある場合は、手順3に戻る必要があります。


この機能は、拡張機能として別途購入でき、オープンソースバージョンでインストールできます。sales1@grids.co.jpに連絡して、購入してください。

お問い合わせ

株式会社AIoTセンター