1 設置
1.1  適切なインストール方法を選択
1.2  ZENTAO Cloud
1.3  Windows用ワンクリックインストール
1.4  Linuxのワンクリックインストール
1.5  Lamppを使用したインストール
1.6  macOSのソースコードのインストール
1.7  macOS用のXAMPP-VMのインストール
1.8  macOSのXAMPPインストール
1.9  ソースコードのインストール(対象は全てのシステム)
1.10  Softaculousのサービス
1.11  Ioncubeのインストール
2 ユーザーとグループ
2.1  会社の構造
2.2  ユーザーの追加
2.3  ユーザーのバッチ管理
2.4  グループと権限
3 迅速にスタート
3.1  プロジェクトとタスクの管理
3.2  バグ追跡
3.3  製品管理
3.4  To-Do管理
4 特徴
4.1  ガントチャート
4.2  エフォート
4.3  リポジトリとコードレビュー
4.4  カレンダー
4.5  MS Excelファイルのインポート/エクスポート
4.6  MS Wordファイルのエクスポート
4.7  LDAP認証
4.8  概略報告
4.9  レポートのエクスポート
4.10  クリスタルレポート
4.11  フィードバック管理
4.12  文書管理
5 基本的なアプリケーション
5.1  基本的なワークフロー
5.2  アジャイルとスクラム
5.3  ZENTAOとスクラム
5.4  ルーキー用ZENTAOチュートリアル
5.5  プロダクトの作成
5.6  ストーリーの作成
5.7  プロジェクトの作成
5.8  ストーリーの確認
5.9  ストーリーをタスクに分解
5.10  バグの報告
5.11  連絡先の管理
5.12  カスタマイズ
5.13  Excel、CSVファイルのインポート
5.14  文書管理
5.15  動作モード
5.16  ポイント
5.17  必須フィールド
5.18  ZENTAOでアクセス設定を確認する方法
6 高度なアプリケーション
6.1 ワークフロー
6.1.1  ZENTAOワークフロー
6.2 個別管理
6.2.1  私のTodo
6.2.2  自分が処理するタスク、ストーリー、バグ
6.2.3  私のプロファイル
6.3 プロダクトオーナー向け
6.3.1  製品を管理する
6.3.2  製品ラインを管理する
6.3.3  要件を作成して確認する
6.3.4  要件の変更とレビュー
6.3.5  ステータスとフェーズ
6.3.6  要件ライティング
6.3.7  製品モジュール
6.3.8  リリース計画
6.3.9  リリースを作成する
6.3.10  ロードマップ
6.3.11  資料
6.3.12  企画会議
6.3.13  毎日のスクラム、レビュー、レトロスペクティブなミーティング
6.3.14  要件レポート
6.4 プロジェクトマネージャー向け
6.4.1  プロジェクトの作成
6.4.2  チームの設立
6.4.3  要件の確認
6.4.4  要件の内訳
6.4.5  毎日のスタンドアップミーティング
6.4.6  バーンダウンチャートを使用してプロジェクトの進捗状況をチェックする
6.4.7  リストを使用してプロジェクトの進行状況をチェックする
6.4.8  レビューとレトロスペクティブなミーティング
6.4.9  タスクに関する基本的なレポート
6.5 開発チーム向け
6.5.1  プロジェクトプライプランミーティングとタスクの分解
6.5.2  タスクの要求と更新
6.5.3  看板とツリー図
6.5.4  ビルド
6.5.5  テスト依頼
6.5.6  バグの解決
6.5.7  ドキュメント
6.5.8  バグ確認
6.6 QAチームの場合
6.6.1  欠陥管理
6.6.2  バグ報告
6.6.3  バグの確認とクローズ
6.6.4  バグの有効化
6.6.5  バグを見つける
6.6.6  テストケース
6.6.7  テストケース作成と確認
6.6.8  テストスイート、パブリックケースライブラリ、およびレポート
6.6.9  テストリクエストの管理
6.6.10  サポートリクエストの実行とバグの報告
6.6.11  レポート
7 設定
7.1 ZENTAOの管理
7.1.1  スクリプトの初期化
7.1.2  データバックアップ
7.1.3  削除された内容の回復
7.1.4  バーンダウンチャートの更新
7.2 ZENTAOの展開
7.2.1  ゲストログイン
7.2.2  電子メールの通知
7.2.3  スーパー管理者の設定
7.2.4  スタティックアクセス
7.2.5  URLから「zentao」を削除する
7.2.6  Webhookを統合する
7.2.7  サードパーティアプリケーションの統合
8 その他
8.1  サードパーティコードについて

ZENTAOについて

2019-12-19 08:22:00
chunge
75569
最後の編集:meilin を選択します 2020-03-05 10:40:03
概要:1. ZENTAOの目的は何ですか?2.なぜZENTAOと呼ばれますか?3. ZENTAO PMSの設計哲学4. ZENTAO PMSを選ぶ理由5. ZENTAO PMSの機能

1. ZENTAO管理ソフトウェアは?

ZENTAOは青島「網易天創」ソフトネットワークテクノロジー株式会社によって開発された国産プロジェクト管理ソフトウェアです。主な機能は製品管理、プロジェクト管理、QA管理、組織管理、事務管理などを一体化として、管理しています。しかも、これは完全に開発プロジェクト管理のコアプロセスをカバーして、いわゆるプロフェッショナルな開発プロジェクト管理アプリケーションです。 ZENTAO管理の理念は実効性を重視し、機能が完備で操作が簡単だけじゃなく、効率も高いです。ソフト仕組みも適切に構成されており、柔軟に拡張できます。また、強力な検索機能、さまざまな形式の統計レポート、完全なAPIも備えています。 ZENTAOは開発プロジェクト管理に専念しています。

 


2. なぜ ZENTAOと呼ばれますか?

Zen (禅)と Tao (道) 2 つの漢字は、宗教と文化の両方で豊かな意味を持っています。   ZENTAOプロジェクト管理ソフトウェアは、禅の文化的な意味を取り入れ、管理に関する理解と思想を伝えることが期待されています。特に「プログラミングの道」と「プログラミングの禅」という二冊の本からヒントを得て、「禅道」に名付けました。

 


3. ZENTAOプロジェクト管理ソフトの設計理念

ZENTAOの主な設計思想は人気のあるアジャイル手法「Scrum 」に基づいています。「 Scrum 」は非常に実用的で操作が簡単なので、ソフトウェアプロジェクトの高速更新な開発に適合します。ただし、「 Scrum 」はコア管理フレームだけを規定し、いろな細かい方面で、チーム自分が拡張して、補充する必要があります。 ZENTAOはその思想を遵守する上で、国内の開発現状に合わせ、バグ管理、テストケース管理、リリース管理、ドキュメント管理を統合し、ソフトウェア開発のライフサイクル全体を完全にカバーすることができます。   ZENTAOでは、製品、プロジェクト及びテストの概念を明確に区分しました。製品チーム、開発チーム及び QA チームがバラバラですけど、互いに協力しながら制約します。ニーズ、タスク及びバグを通じて相互に作用し最終的プロジェクトによってに高品質の製品、つまり良品を入手することができます。

 


4. ZENTAO プロジェクト管理ソフトを選定する理由

1、 ZENTAOは専門な開発プロジェクト管理ソフトウェアであり、非常に簡単なタスク管理ソフトです。

2、管理思想が簡潔でかつ実用的で企業に利用されたら、アジャイル開発を加速することができます。

3、完全な機能があるため、気を使いながらいくつかのシステムを統合する必要はありません。

4、元コードがオープンしており、柔軟な拡張メカニズムを具備しています。企業にとって展開は無論、再開発も便利です。

5、国産ソフトで、現地支持、操作習慣などがもっと国民に適用します。

6、フレームワークとフロントエンドUI フレームワークは独立して開発されています。安定し美しいインターフェースを持って友好さが感じられます。

7、完全なコミュニティメカニズム。技術サポートとヘルプはタイムリーに得られます。

8、ゼロ投入に等しいです。十何万元のビジネスソフトウェアと比較すると、 ZENTAOを選択するリスクがありません。

9、プライベート展開またはクラウドサービスのいずれかのさまざまな展開をサポートします。

10、私達のチームはずっと企業管理に専念しています。継続的に更新して、ソフトを完備にします。



5. ZENTAOプロジェクト管理ソフトウェアの主要機能リスト

製品管理:製品、要件、計画、リリース、ロードマップなどの機能が含まれます。

プロジェクト管理:プロジェクト、タスク、チーム、ビルド、バーンダウンチャートなどの機能が含まれます。

品質管理:バグ、テストケース、テストタスク、テスト結果などの機能があります。

ドキュメント管理:製品ドキュメントライブラリ、プロジェクトドキュメントライブラリ、カスタマイズドキュメントライブラリなどの機能が含まれます。

事務管理:Todo 管理、私のタスク、私のバグ、私のニーズ、私のプロジェクトなどの個人的な事務管理機能がついています。

企業管理:部門、ユーザー、グループ、権限などが含まれます。

統計機能:さまざまな統計レポートがあります。

検索機能:強力な検索機能により、必要な情報が見つけられます。

拡張メカニズム: ZENTAOのほぼすべての部分で拡張可能です。

API メカニズム:可視 API 、他のシステムとの統合に便利です。




お問い合わせ

株式会社AIoTセンター