1 設置
1.1  適切なインストール方法を選択
1.2  ZENTAO Cloud
1.3  Windows用ワンクリックインストール
1.4  Linuxのワンクリックインストール
1.5  Lamppを使用したインストール
1.6  macOSのソースコードのインストール
1.7  macOS用のXAMPP-VMのインストール
1.8  macOSのXAMPPインストール
1.9  ソースコードのインストール(対象は全てのシステム)
1.10  Softaculousのサービス
1.11  Ioncubeのインストール
2 ユーザーとグループ
2.1  会社の構造
2.2  ユーザーの追加
2.3  ユーザーのバッチ管理
2.4  グループと権限
3 迅速にスタート
3.1  プロジェクトとタスクの管理
3.2  バグ追跡
3.3  製品管理
3.4  To-Do管理
4 特徴
4.1  ガントチャート
4.2  エフォート
4.3  リポジトリとコードレビュー
4.4  カレンダー
4.5  MS Excelファイルのインポート/エクスポート
4.6  MS Wordファイルのエクスポート
4.7  LDAP認証
4.8  概略報告
4.9  レポートのエクスポート
4.10  クリスタルレポート
4.11  フィードバック管理
4.12  文書管理
5 基本的なアプリケーション
5.1  基本的なワークフロー
5.2  アジャイルとスクラム
5.3  ZENTAOとスクラム
5.4  ルーキー用ZENTAOチュートリアル
5.5  プロダクトの作成
5.6  ストーリーの作成
5.7  プロジェクトの作成
5.8  ストーリーの確認
5.9  ストーリーをタスクに分解
5.10  バグの報告
5.11  連絡先の管理
5.12  カスタマイズ
5.13  Excel、CSVファイルのインポート
5.14  文書管理
5.15  動作モード
5.16  ポイント
5.17  必須フィールド
5.18  ZENTAOでアクセス設定を確認する方法
6 高度なアプリケーション
6.1 ワークフロー
6.1.1  ZENTAOワークフロー
6.2 個別管理
6.2.1  私のTodo
6.2.2  自分が処理するタスク、ストーリー、バグ
6.2.3  私のプロファイル
6.3 プロダクトオーナー向け
6.3.1  製品を管理する
6.3.2  製品ラインを管理する
6.3.3  要件を作成して確認する
6.3.4  要件の変更とレビュー
6.3.5  ステータスとフェーズ
6.3.6  要件ライティング
6.3.7  製品モジュール
6.3.8  リリース計画
6.3.9  リリースを作成する
6.3.10  ロードマップ
6.3.11  資料
6.3.12  企画会議
6.3.13  毎日のスクラム、レビュー、レトロスペクティブなミーティング
6.3.14  要件レポート
6.4 プロジェクトマネージャー向け
6.4.1  プロジェクトの作成
6.4.2  チームの設立
6.4.3  要件の確認
6.4.4  要件の内訳
6.4.5  毎日のスタンドアップミーティング
6.4.6  バーンダウンチャートを使用してプロジェクトの進捗状況をチェックする
6.4.7  リストを使用してプロジェクトの進行状況をチェックする
6.4.8  レビューとレトロスペクティブなミーティング
6.4.9  タスクに関する基本的なレポート
6.5 開発チーム向け
6.5.1  プロジェクトプライプランミーティングとタスクの分解
6.5.2  タスクの要求と更新
6.5.3  看板とツリー図
6.5.4  ビルド
6.5.5  テスト依頼
6.5.6  バグの解決
6.5.7  ドキュメント
6.5.8  バグ確認
6.6 QAチームの場合
6.6.1  欠陥管理
6.6.2  バグ報告
6.6.3  バグの確認とクローズ
6.6.4  バグの有効化
6.6.5  バグを見つける
6.6.6  テストケース
6.6.7  テストケース作成と確認
6.6.8  テストスイート、パブリックケースライブラリ、およびレポート
6.6.9  テストリクエストの管理
6.6.10  サポートリクエストの実行とバグの報告
6.6.11  レポート
7 設定
7.1 ZENTAOの管理
7.1.1  スクリプトの初期化
7.1.2  データバックアップ
7.1.3  削除された内容の回復
7.1.4  バーンダウンチャートの更新
7.2 ZENTAOの展開
7.2.1  ゲストログイン
7.2.2  電子メールの通知
7.2.3  スーパー管理者の設定
7.2.4  スタティックアクセス
7.2.5  URLから「zentao」を削除する
7.2.6  Webhookを統合する
7.2.7  サードパーティアプリケーションの統合
8 その他
8.1  サードパーティコードについて

アジャイルとスクラム

2015-09-10 16:21:23
azalea
7024
最後の編集:meilin を選択します 2020-03-06 11:56:45

ZENTAOの設計哲学はスクラムに基づいているので、スクラムの基本的な概念を理解していれば、ZENTAOをより良く学び、使うことができるでしょう。



1.アジャイル

ウォーターフォールはソフトウェア・プロジェクト管理のよく知られた方法であり、基本的なプロセスは要件→開発→ QAです。各フェーズが正しく行われた場合、最終結果は正しいとみなされます。Waterfallには、Microsoftのような成功事例がある。しかし、一般的には比較的故障率が高いです。ソフトウェアの先駆者たちはウォーターフォールの方法論で発見された問題について一連の調査、考え、要約を行い、最終的にアジャイルの概念を提 しました。アジャイル開発にはさまざまな方法があり、スクラムは比較的人気があります。


2.スクラム

2.1スクラムの役割

スクラムの役割には、プロダクトオーナー、スクラムマスター、及び開発チームが含まれます。 


  • プロダクトオーナーは、ユーザ要件を収集し、彼らの商業的価値を定義し、優先順位を付け、リリース計画を作成する責任があります。彼らはその製品に対して完全に責任 がある。
  • スクラムマスタは、さまざまなミーティングの開催、プロジェクトの調整、開発チームへのサービスなどを担当する
  • 開発チームは異なるスキルを持つ人々のグループです。彼らは各スプリントを完了し、緊密な協力を通じて製品を提供する。


2.2スプリント


ウォーターフォール開発とは異なり、スクラムの製品開発はいくつかのスプリントに分解されます。通常、スプリントは1〜4週間で、5〜9人のチームメンバーが行います。ユーザーが完成すべき要件は各スプリントに固定されます。各スプリントは特定の デリバリをもたらします。


2.3スクラムの基本プロセス


スクラムの基本的なワークフローは上記のとおりです。


  • プロダクトオーナはユーザストーリを収集して、上のイメージの左に示すようなプロダクトバックログを作成する。
  • リリース計画ミーティング:プロダクトオーナがユーザ要件を説明し、見積もりと優先順位付けを行う。リリース計画ミーティングのアウトプットは、各スプリントの要件リストを作り、スプリントのバックログを記録することである。
  • スプリント計画ミーティング:プロジェクトチームは要件ごとにタスクのブレークダウンを行います。ブレークダウンの標準は、すべてのタスクを完了する必要があり、各タスクは工数の見積もりを使用して特定の人に割り当てられる。
  • 毎日のスクラムミーティング:スクラムマスタは毎日のスタンドアップミーティングを開催し、チームメンバは昨日何をしたか、今日何をするか、何が問題なのかを報告する。
  • レビューミーティング:スプリントが終了したら、関係するすべてのメンバが集まってレビューミーティングを行う。チームはスプリントの成果物を示す。すべてのフィードバックは、新しい要件を作るために記録され、まとめられるべきである。
  • 振り返りミーティング:プロジェクトチームはスプリントを要約し、不足点を特定し、継続的改善のために次のスプリントで計画を立てる。 

これはスクラムの基本的なプロセスであり、関連する章でさらに詳しく説明していきます。

お問い合わせ

株式会社AIoTセンター