git使用説明

2020-03-31 10:12:00
Troy
327
最後の編集:meilin を選択します 2020-03-31 13:35:58

ZENTAO クラウド gitのオンラインホスティング機能も提供しています。使い方を説明しましょう。

1、「Personal Center -> Git管理 をクリックして、Gitサービスを有効にします。 以下に示すように:

GIT管理者のユーザー名とパスワードを入力し、 「開通」 をクリックし てください。

コミットした 後、システムは1分以内にGITをアクティブにします。 デフォルトでは、このアカウントには、このサイト での すべての バージョン リポジトリに対する読み取りおよび書き込み権限があります。


2、netrc ファイルを作成する

  バージョン リポジトリを操作するとき、Gitはデフォルトでnetrcファイルを介してユーザー名とパスワードを確認し、Windowsは_netrcファイルを 通じて Linuxは.netrcファイルです。 作成方法:

      Windows:

   1)  「開始 運行」の中  %USERPROFILE% 」を開いて、「_netrc 」という名称のファイルを作成します

   2) メモ帳で_netrcファイルを開き、Gitサーバー名、ユーザー名、パスワードを入力して保存します。 例は次のとおりです

machine xxx.zentaopm.net login xxx

password xxx

xxxは 別々Gitアドレス、ユーザー名、パスワードを 代表します。

 Linux:

ユーザーのルートディレクトリに.netrcファイルを作成し、 この ファイルを編集します。内容は次のとおりです

machine xxx.zentaopm.net

login xxx

password xxx

    xxxは 別々Gitアドレス、ユーザー名、パスワードを 代表します。

 

3.  マスターブランチを作成する 

Linuxを例にとり、次のコマンドを実行します。

#ライブラリを初期化する

mkdir test  

cd test

git init

#READMEファイルを作成してローカルに 提出します。

touch readme

git add readme

git commit

#gitソースを追加し、 マスター ブランチに 提出 します

git remote add origin https://xxx.zentaopm.net/zentao.git/

git push origin master

error: failed to push some refs to 'https://xxx.zentaopm.net/git/qq.git' が出たら、netrc ファイルは正しく作成されているかどうかをチエックしてください。 


4. テスト

Gitリポジトリのクローンを作成する:

git clone https://xxx.zentaopm.net/git/xxx.git other

クローンが成功したかどうかを確認します

 

同時ステップ

git fetch origin

git merge origin/master

お問い合わせ

株式会社AIoTセンター