ワークフローの紹介

2019-09-03 13:09:50
John Ten
442
最後の編集:meilin を選択します 2020-02-07 11:44:18

ZENTAO Enterprise 3.5.alphaには、「フロー」という機能が追加されました。 ZENTAOをワークフローに合わせるため、カスタマイズできます。

ZENTAOに組み込まれているフィールド、アクション、レイアウト、およびデータをカスタマイズし、ZENTAOの組み込みワークフローを書き換えるために使用できます。 


1.用語シート

  • フロー:ZENTAOの製品の一つの機能。 ZENTAOの プロジェクト、プロダクト、QAと同様。
  • フィールド:データベースに保存されたフィールドであり、名称、時間追加、受け取り者など、インターフェースに表示されるデータ項目。
  • アクション:これは、作成、レビュー、拒否など、ZENTAOの特定のアクション。
  • 条件:ボタンまたはアクションがトリガーされる条件。たとえば、ステータスはレビュー待ちなど。
  • 拡張アクション(結果):アクションが完了した後に更新されたデータ(フィールド)をリンクするアクション。
  • 検証:値を持つ変数または値を持つフィールドを検索すると、検証を表示して、検索を行うユーザーにヒントを提供する。
  • 通知:アクションが実行後に電子メールで通知を受け取るユーザーを設定する。
  • レイアウト:アクションのフィールドとアクションの位置を含む、アクションのレイアウト。
  • データソース:ドロップダウンに表示されるデータのソース。組み込み関数、SQLステートメントを調整使用して、カスタマイズできる。
  • ルール:正規表現を介してデータの形式を検証できない。
  • 子テーブル:フローの仕様を記録する。
  • リストタブ:フローのリストページのタブ。タブをクリックして、「すべて」などのフローをフィルタリングできる。
  • サブフロー:フローの二次メニューに表示されます。サブフローにサブフローを含めることはできない。


2.フロー

「フロー」に移動し、「フロー作成」をクリックしてウィンドウを開き、新しいフローに関する情報を追加できます。 「保存」をクリックすると、ナビゲーションバーに表示されます。


  • ナビゲーションバー:プロセスは、第1レベルメニューまたは第2レベルメニューに表示される。
  • ビュー:セカンダリナビゲーションバーを選択する場合、このフローが属するビューを選択する必要がある。
  • 位置:ナビゲーションバーまたはメニューの前後など、ページ上のプロセス位置を表示する。
  • エイリアス:フローのエイリアス。スペースや特殊文字は使用できない。一度保存すると、後で変更することはできない。
  • 名称:フローの名称。
  • 説明:フローの説明。


3.フィールド

「フィールド」ボタンをクリックして、フィールドを管理します。フィールドは、対応するデータベーステーブルにも作成されます。アクションレイアウトで新しく追加されたフィールドのボックスを選択する必要があるため、フローに表示されます。


  • 名称: データベースに保存される フィールドのデータ項 またはページに表示される名称。
  • 位置:レイアウト上のフィールドが表示される場所。
  • エイリアス: データベースのフィールドを記録するための文字のみ。
  • タイプ:数値(tinyint、smallint、mediumint、int、decimal、float、double)、日付と時刻(date、datetime、timestamp)、strings(char、varchar、text)。
  • コントロール:ラベル、テキストボックス、リッチテキスト、日付、時刻、ドロップダウンメニュー、ラジオボタン、チェックボックス。
  • デフォルト:コントロールが選択されたときに表示されるデフォルト値。
  • ルール: 正規表現を使用してデータのフォマートを検証することはできまない。
  • エクスポート:フィールドをエクスポートできるかどうかを設定する。
  • 捜索: フィールドを検索できるかどうかを設定する。
  • 外部キー:サブフローのデータを表示するために使用され、外部キーは1つしか存在できない。外部キーとして設定されたフィールドは、ドロップダウンメニューまたはラジオボタンをコントロールとして使用する必要があります。そうでない場合、デフォルトでコントロールをドロップダウンメニューとして設定し、データソースをサブフローとして選択する。



4.アクション

ビルドインフローに新しいアクションを追加するには、右上の「アクション作成」ボタンをクリックしてください。  組み込みフローのアクションを拡張する必要はありません。アクションを編集する必要がある場合は、拡張方式を拡張また書き換えに変更できます。


  • 名称:作成されたばかりのアクションの名前。
  • エイリアス:追加されたアクションのエイリアス。スペースや特殊文字は使用できない。一度保存すると、後で変更することはできない。
  • オペン方法: ページを開く方法 は「 Normal」、「Popout」、「None」などが含む。
  • 位置:メニュー、リスト、詳細、およびリストと詳細ページを含むアクションが表示される場所。
  • 表示:ページやドロップダウンを含む、アクションの表示方法。
  • 説明:アクションの説明。


5.データベース

データベースにテーブルを追加して、詳細なリンクデータを保存できます。そのデータはデータソースで検索でき、アクションの結果をそこに保存できます。


6.データソース

データソースは、ドロップダウン用のデータを生成するためのフィールドで使用されます。関数、カスタマイズ、およびSQLステートメントを調整使用こともできます。


7.ルール

ルールは、フィールドとフォームを検証するために使用されます。それには正規表現を使用できます。




ご質問がある場合は、Renee @ easysoft.ltdにお問い合わせください。

お問い合わせ

株式会社AIoTセンター