Windows用のワンクリックインストール

2018-02-23 10:51:44
Renee
2457
最後の編集:meilin を選択します 2020-04-22 10:21:59

インストールを簡単にするために、Windows用のワンクリックのインストールパッケージが作成され、Xamppと統合されています。Xamppは非常に有名なAMP統合環境です。Xamppを簡素化し、ZENTAO Enterpriseのワンクリックインストールパッケージ用のコントロールパネルを開発し、インストールを非常に便利にしました。


ワンクリックでXamppをインストールするには、公式Webサイト https://www.apachefriends.org/を参照してください。


ZENTAO Enterpriseを初めてインストールする場合は、VC++.をインストールするように求められます。Apacheユーザー認証はデフォルトでオンになっており、MySQLのパスワードを変更できます。



1. Windows用のワンクリックインストールを実行する

当社のWebサイ https://zentao.jp/download.html から最新のワンクリックインストール(.exeファイル)をダウンロードし、d:\zentaoなどの任意のパーティションのルートディレクトリに解凍します。


1.1 ZENTAO Enterpriseを初めてインストールする場合は、VC++をインストールするように求められます。

xampp\start.exeをダブルクリックしてコントロールパネルを起動します。VC++がインストールされていない場合は、VC++.のインストールを求めるプロンプトが表示されます。


スクリーンショット


1.2 MySQLパスワードを変更する

ZENTAOが起動すると、MySQLパスワードの変更を促すプロンプトが表示されます。提示されたパスワードを使用することも、独自のパスワードを設定することもできます。[OK] をクリックすると、パスワードが保存されます。「パスワード->MySQL設定」をクリックするか、xampp/zentaobiz/config/myを開いて、後でパスワードをチェックして変更することができます。phptoで確認してください。


1.3 Apacheユーザー認証

ZENTAOを起動すると、Apacheユーザー認証はデフォルトでオンになります。オフにする場合は、「Apache認証を有効にする」のチェックを外します。Apache認証がオンの場合は、コントロールパネルの「 ZENTAOにアクセス」をクリックしない限り、ZENTAOにアクセスする前にアカウントとパスワードを入力する必要があります。管理者以外のユーザーは、管理者にアカウントとパスワードを要求する必要があります。


Apacheユーザー認証のアカウントとパスワードを変更する場合は、コントロールパネルの右上にある「パスワード」-「Apache設定」-「アカウント配置」に移動してください。

次のスクリーンショットは、入力が必要なApacheユーザー認証のアカウントとパスワードを示しています。

スクリーンショット


1.4スーパー管理者アカウントとパスワード

ZENTAO Enterpriseでは、スーパー管理者のデフォルトのアカウントとパスワードはadminと123456です。ZENTAOはパスワードをチェックし、パスワードが弱い場合はパスワードの変更を促すメッセージを表示します。指示に従って変更します。ウィークパスワードを変更したくない場合は、Admin->Securityに移動して設定します。


スクリーンショット


1.5 ZENTAOデータベース

ZENTAO Enterpriseのデフォルト設定では、データベースはZENTAOサーバーにのみログインできます。http ://127.0.0.1:PORT(ポート番号が80でない場合は必須です)を入力し、「MySQLデータベース」をクリックして「 ZENTAO管理者」を入力します。

xampp / xampp/zentaobiz/config/my.phpに対応するパラメータを入力すると、ZENTAO Enterpriseのデータベースにログインできます。


  • システム:デフォルトではMySQLが選択されています。
  • サーバー:ファイルに表示されるように、ホストとポートのパラメータを入力します。例えば、$config->db->host=「127.0.0.1 」$config->db->port='3306'のようになります。127.0.0.1:3306と入力します。
  • ユーザ名:$config->db->user='zentao'。デフォルトのユーザー名はzentaoです。変更した場合は、/opt/zbox/app/zentao/config/db.phpにあります。
  • パスワード:$config->db->password=''。''の間の値を入力します。デフォルトのパスワードは123456です。
  • データベース:$config->db->name='zentaobiz'。


Note:ログインページのテキストボックスの背景が黄色の場合、その中のアカウントとパスワードは自動入力されます。データベースのアカウントとパスワードではありません。データベースのアカウントとパスワードに変更する必要があります。上記の手順に従ってログインしてください。


スクリーンショット


2. ZENTAO Enterpriseのスタートと訪問


2.1 start.exeをダブルクリックして、統合コントロールパネルを起動します。「 ZENTAO Bizを開始」をクリックすると、ApacheとMySQLが自動的に起動します。
2.2 起動後、「 ZENTAO Bizにアクセス」をクリックすると、ZENTAO統合ランタイムのページが表示されます。
2.3 「ゼンタオビズ」をクリックすると、ログインページが表示されます。

スクリーンショット

2.4ポートの変更

xampp/start.exeを実行し、コントロールパネルの右上にあるServices->Unistall Servicesをクリックします。次に、 「サービス」 ->「構成ポート」 をクリックします。ポートを変更して保存します。サービスを終了し、xampp/start.exeを再起動します。


3.パスワードについて

3.1 ZENTAO bizのデフォルトアカウントはadminで、パスワードは123456です。
3.2 MySQLの管理アカウントはzentaoで、デフォルトのパスワードは123456です。ZENTAO Bizを起動すると、コントロールパネルでパスワードを変更できます。「パスワード」 ->「MySQL」 と選択すると、パスワードの確認と変更ができます。MySQL管理アカウントとパスワードを変更した場合は、zentaobiz/config/my.phpでもパスワードを変更していることを確認してください。
3.3 MySQLはphpmyadminによって管理されています。セキュリティを考慮すると、ZENTAOをインストールしたマシンでのみMySQLにアクセスできます。他のマシンはアクセスできません。(ブラウズを使用して127.0.0.1にアクセスし、データベースをクリックします。)


4.環境について

4.1 ZENTAO Bizを訪れるためのアドレスは、http://IPアドレス:PORT/zentaobiz.phpです。IPアドレスはZENTAOをインストールしたマシンの実際のIPアドレスで、PORTは実際のポート番号です。
4.2 コントロールパネルはApacheとMySQLを自動的にインストールし、サービス名はそれぞれapacheztとmysqlztです。
4.3 環境はxamppに基づいて単純化されています。


5. コントロールパネルが機能しない場合の対処方法

コントロールパネルからZENTAOを起動できない場合は、コマンドラインを使用してZENTAOを起動できます。
5.1 xampp\serviceに移動します。
5.2 [install] をダブルクリックします。ApacheとMySQLが自動的にインストールされて実行されます。
5.3 インストール後、ポートします。Apacheとport。mysqlはポート番号を記録するために同じディレクトリに生成されます。ポートを変更する場合は、2つのファイルを削除し、インストールを再開します。


お問い合わせ

株式会社AIoTセンター